kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!24歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

上高地帝国ホテルのレストラン「アルペンローゼ」でランチ!絶対おすすめのメニューを実食レポ!!

 今回は上高地帝国ホテル内にあります「アルペンローゼ」ランチをいただきました。大正池方面への散策時には絶対おすすめのレストランです!

f:id:Hiromi2020:20211002213105j:image

上高地を代表するホテルのひとつ「上高地帝国ホテル」

f:id:Hiromi2020:20211002213543j:image

 「神の降り立つ地」と称される山岳リゾートの代表格「上高地」に1933年開業した(株)帝国ホテルの直営施設になります。

 特徴的な外観は、スイスの山小屋を彷彿とさせる赤い屋根です。1977年に建て替え現在に至りますが、開業当時の趣をそのまま再現しています。

www.imperialhotel.co.jp

「カジュアルレストラン アルペンローゼ」

f:id:Hiromi2020:20211002215208j:image

 上高地帝国ホテル内にある「カジュアルレストラン アルペンローゼ」は山小屋風の内装が特徴のカジュアルなレストランです。

f:id:Hiromi2020:20211002221059j:image

 本当に山小屋をイメージした内装で、おしゃれかつ良い雰囲気でかなりおすすめです!

ドレスコードはあるの?

カジュアルレストランということで、公式HPにあるように服装などはそこまで気にすることはなく、周辺散策する際の服装で大丈夫です!

ランチは予約不可なので、当日直接レストランへ向かいましょう。

www.imperialhotel.co.jp

アクセス

f:id:Hiromi2020:20211004211925j:image

 上高地帝国ホテルは、河童橋と大正池(田代池)との間に位置します。上記画像の散策コースを参考にしつつお伝えします。

f:id:Hiromi2020:20211004212833j:image

 まず、上高地のシンボルである河童橋から大正池方面に徒歩約35分になります。

f:id:Hiromi2020:20211004212849j:image

 また、大正池からは徒歩約40分です

f:id:Hiromi2020:20211004212157j:image

 松本方面(新島々、さわんど)からのバスであれば、大正池のバス停で下車し、散策しつつ向かうのもありですし、帝国ホテルのバス停で下車するのもありかと思います。

f:id:Hiromi2020:20211004212929j:image

 いずれにせよ大正池方面へ散策に行かれる際にちょうどよくおすすめのレストランです!

ランチメニューはこちら↓

f:id:Hiromi2020:20211003171430j:image

 ランチメニューは右上のワンプレートのメニューが中心となります。

 その他、松本のクラフトビールやハウスワインなどのアルコールメニューもあります。

 せっかくなので、アルコールをいただくのも上高地で過ごす非日常体験に華を添えてくれるかもしれません。

www.imperialhotel.co.jp

注文したメニュー

f:id:Hiromi2020:20211003171858j:image

 今回は、主にメニューブックに画像が載っている4つのメニューから、画像左下より、

注文したメニュー!

「信州ハーブ鶏の山賊焼きとアルペンローゼ特製山菜ピラフ(3,050円(税込))」をチョイスしました!

(お食事代とは別に、サービス料10%が加算されます。)

 「ビーフハンバーガー アルペンローゼ風」は調理時間に20分程度かかるということで、メニュー提供時に案内されました。

 価格が上高地を囲む山々の標高並みですね(笑)

信州ハーブ鶏の山賊焼きとアルペンローゼ特製山菜ピラフ

f:id:Hiromi2020:20211003172508j:image

 まずは、セットのサラダがやってきました。さっぱりとしたオイルのドレッシングが、瑞々しい野菜の旨味を引き立てます。主菜前の胃を馴らしてくれるそんなサラダです!

f:id:Hiromi2020:20211003172720j:image

 ここで主役の登場です!白磁のお皿に山賊焼きとピラフが上品に映えます

f:id:Hiromi2020:20211004074233j:image

 ピラフが見えにくいですが、反対から撮るとこんな感じでピラフの存在感を感じられます。

f:id:Hiromi2020:20211004075847j:image

 ちなみに、主に山賊焼き向けの野沢菜を使用したタルタルソースが付いてきます。

f:id:Hiromi2020:20211004074332j:image

 山菜ピラフは、ほのかにバターの香りを纏い非常に上品な仕上がりになっています。

 山菜の食感をアクセントにホテルメイドを感じられるピラフでした!

f:id:Hiromi2020:20211004075308j:image

 山賊焼きもこれまた高級感漂う仕上がりでした!

 よく見る山賊焼きというのはおそらくこんな感じだと思います↓(画像は一例です。)

f:id:Hiromi2020:20211004074853j:image

 こちらはニンニクが効いてお酒に合う味付けのしっかりしたものですよね。こちらももちろんおいしいです!

f:id:Hiromi2020:20211004075324j:image

 アルペンローゼでは、飼料にハーブを混ぜることで、鶏肉独特の臭みを緩和し、癖を抑えた信州ハーブ鶏を使用した山賊焼きで、肉質は柔らかく鶏肉の旨味を感じられる印象がありました。

f:id:Hiromi2020:20211004075715j:image

 衣は薄めで味付けも控えめですが、付け合わせの酢漬けのキャベツ野沢菜を使用したタルタルソースと一緒に口に運ぶことで全体としてまとまりのある味となります。

ポイント!

山奥に居ながら非常に都会的な味でこのギャップ感に感動を覚えました(笑)

f:id:Hiromi2020:20211004195749j:image

 ちなみにお水は、上高地を囲む山のひとつ「六百山」から引いているそうです。

f:id:Hiromi2020:20211004213400j:image

 雑味のない優しく滑らかな喉越しと、清涼感がたまらないそんな上高地ならではの体験です!

カレーより絶対おすすめ!ここでしか食べられない味

f:id:Hiromi2020:20211004080433j:image

 帝国ホテルということで、メニューにあります「帝国ホテル伝統のビーフカレー」を注文されている方が多くいらっしゃいましたが、kimama日誌的にはご紹介した「山賊焼きと山菜ピラフ」をおすすめしたいです!

 アルペンローゼ特製ということで、上高地ならではの味です。

f:id:Hiromi2020:20211004213053j:image

 実はkimama日誌の中の人は、これ以前にも数回訪れていまして、初回の感動から上高地帝国ホテルでランチの際は必ず注文するメニューです。

 ぜひぜひ、上高地にお越しの際は美しい自然とともに非日常をさらに盛り上げてくれる体験かと思いますので一度お試しください!!

(訪問時期は2021年9月です。最新の情報をご確認ください。)

河童橋方面へ 五千尺ホテルのカフェに行ってみました!

f:id:Hiromi2020:20211013154746j:image

 ホテルの正面玄関を入ってすぐのところにある「五千尺ホテル上高地 スイーツカフェ&バー「LOUNGE」」でケーキセットをいただきました!今回は2021年7月オープンのテラス席でいただきました。河童橋や穂高連峰、梓川など上高地のスポットを一望できる開放的な空間でした!!

 詳しい様子は↓こちらから

kimamanisshi.hatenablog.com

宿泊は五千尺ホテル上高地にしてみました!

f:id:Hiromi2020:20211013154808j:image

 今回宿泊させていただきました「五千尺ホテル上高地」の詳しいお部屋の様子などは下記の宿泊記にまとめさせていただきましたので、気になる方はそちらもご覧下さい!

kimamanisshi.hatenablog.com

五千尺ホテル上高地のディナーと朝食はこちらから!

f:id:Hiromi2020:20211013195928j:image

 ↓こちらの記事では五千尺ホテルの夕食と朝食について、詳しくまとめています。現在お読みいただいたお部屋の記事と併せてぜひ、ご覧いただけるとうれしいです!

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!