kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

アンダーズ東京ブログ宿泊記!パークビューキングのお部屋をレポート

 今回は「アンダーズ東京」に宿泊しました!お部屋を詳しく巡るルームツアー中心の記事となっています。これから宿泊を検討されている方は必見です!

f:id:Hiromi2020:20220223160908j:image

アンダーズ東京はこんなホテル!

f:id:Hiromi2020:20220223152542j:image

 こちらのホテルは、虎ノ門ヒルズ47階〜52階に2014年6月、オープンしました。日本で初めて、世界では12軒目のアンダーズホテル(ハイアットブランド)です。

ホテルのコンセプト

 ・ありのままの自分が心地よい ラグジュアリーライフスタイルホテル

 ・「アンダーズ」はヒンディ語で、パーソナルスタイルを意味する言葉。

 ・あらゆる面でバリアがなく、シンプルで洗練されていて、自宅にいるようにくつろいでほしい

ホテルレセプションの様子など

f:id:Hiromi2020:20220223152958j:image

 コンセプトの通り、ホテルレセプションのある51階降りると、スムーズにチェックインからお部屋まで繋がる動線が確保されているような気がします。

f:id:Hiromi2020:20220223153237j:image

 また、いわゆるフロントがないためチェックインやチェックアウトは宿泊者専用ラウンジ「アンダーズ ラウンジ」(51階)で行います

 ホテル内は、樹の温もりを感じる内装がとても落ち着きを与えます。

kimamanisshi.hatenablog.com

f:id:Hiromi2020:20220223154238j:image

 また、虎ノ門ヒルズ高層階に位置するホテルということで、方角ごとに東京の様々な景色を楽しめます!こちらもこのホテルならではの体験かと思います。

今回予約したプラン

f:id:Hiromi2020:20220223154914j:image

 今回は宿泊予約サイト「一休.com」から予約してみました!

 プラン名は、「【24時間セール】ポイント20倍!レストランやスパで使えるホテルクレジット1万円&朝食付(詳しい料金はこちらから)

今回宿泊したお部屋

予約したお部屋は「キング」でしたが、当日たまたまワンランク上の「パークビューキング」にアップグレードされました!

宿泊予約は一休で!
アンダーズ東京【一休.com】
 時々タイムセールなどホテルクレジット付きプランがあったりするので、要チェックです!

f:id:Hiromi2020:20220223155930j:image

(画像:公式サイトより)

 ↑当初予約したお部屋から、

f:id:Hiromi2020:20220223160034j:image

 パークビューキングへアップグレード!おそらく、日曜日の宿泊ということで、あまり混雑していなかったのかなと思います。

お部屋のポイント!

 ・パークビューキングは北側のお部屋 東京スカイツリーや東京駅方面、皇居を一望でき、緑が美しく映えます

 ・アンダーズ東京はスタンダードルームでも50㎡の広さがあるため、ゆとりある間取りとなっています。

f:id:Hiromi2020:20220223160151j:image

 (画像:公式サイトより パークビューキングの間取り)

www.hyatt.com

ホテルクレジットを使って様々な体験をしてみた!

 プランの通り、ホテルクレジット1万円分を使って様々な体験をしてきました。体験談は下記の記事でまとめていますので、気になる方はチェックです!

kimamanisshi.hatenablog.com

 

kimamanisshi.hatenablog.com

 それでは気になるお部屋へご案内!48階パークビュー キング

f:id:Hiromi2020:20220218193233j:image

 今回は前述の通りルームアップグレードで、48階パークビュー キングのお部屋に宿泊しました!

f:id:Hiromi2020:20220218193506j:image

 室内はシンプルで、樹の温もりを感じるインテリアやアイテムがいろいろありました。

f:id:Hiromi2020:20220218193832j:image

 お部屋の広さは50㎡なので、ベッドルームはなかなか広々としています。

f:id:Hiromi2020:20220218194052j:image

 ベッドを背に窓側へ目を移すと、窓辺いっぱいに広がるソファーが印象的です。

お部屋からの眺望はこんな感じ

日中の様子

f:id:Hiromi2020:20220222182111j:image

 宿泊当日は雲ひとつない快晴ということで、天候に恵まれました!

f:id:Hiromi2020:20220222182157j:image

 パークビューということで、皇居の緑が鮮やかに映え青い空とのコントラストが美しいです。

 東京駅方面や東京スカイツリーが一望できます。

圧巻の夜景

f:id:Hiromi2020:20220222182709j:image

 いつもながら高層階からの夜景は圧巻です!方角的に、あまり虎ノ門ヒルズより高い建物がないため、開けた景色が印象的でした。

f:id:Hiromi2020:20220222182913j:image

 パークビューということで緑の場所は、基本的に光を放たないため、東京タワー側や新宿側の方がより迫力があるかもしれません

朝方の景色

f:id:Hiromi2020:20220222183304j:image

 朝の澄んだ空気を感じられる景色です。徐々に朝日に照らされる東京の街が美しいです

ここからはお部屋の中を少し詳しく…

ソファーゾーン

f:id:Hiromi2020:20220218195249j:image

 先程も少し触れましたが、窓辺いっぱいに広がるソファーで、外の景色を眺めながらくつろげます

f:id:Hiromi2020:20220218195427j:image

 窓に向かって、右手には革張りのチェアと、天板の形が立派なテーブルが置かれています。

f:id:Hiromi2020:20220218195602j:image

 左手にはデスクワークが可能なテーブルが配置されています。上述のテーブルとは高さが違うので用途で使い分けられますね

f:id:Hiromi2020:20220219154909j:image

 テーブル上には、アルコール除菌シートや電話、ホテルの概要やインルームダイニングのメニューが収められたファイルが置かれています。

f:id:Hiromi2020:20220219152749j:image

 テーブルの脇には、コンセントの差し込み口、USB Type-Aのポートもあります。スマホの充電をしながらソファーでくつろげますね

f:id:Hiromi2020:20220219153523j:image

 コンセント側の壁面にはテレビが配されています。向きを調節できますので、ベッドからもソファーからも視聴可能です。

ベッドサイド

f:id:Hiromi2020:20220219154552j:image

 ここからはベッドサイドの機能をご紹介!意外にシンプルでした。

f:id:Hiromi2020:20220219154816j:image

 ベッドに向かって左サイドは、電話や目覚まし照明・カーテンの操作盤が置かれています。

f:id:Hiromi2020:20220219155449j:image

 右サイドにも同じく操作盤と、Bluetooth接続が可能なスピーカーが置かれています。自分の好きなBGMを流すと気分が上がりますね!

f:id:Hiromi2020:20220219155552j:image

 こちらの操作盤ですが、ツマミを左右に動かすことで、照明の点灯・消灯などか可能です。おしゃれかつスタイリッシュな見た目です。

ミニバーは無料!

f:id:Hiromi2020:20220219161238j:image

ポイント!

ソフトドリンク・スナックが無料!

 アルコールを除き、飲料・スナックが無料です。

f:id:Hiromi2020:20220219161638j:image

 スナックは、おかきあられチョコレートが無料です。

f:id:Hiromi2020:20220219161710j:image

 こちらはあられの一例です。ホテル近隣のお店で購入しているのでしょうか。外国の方にも日本のお菓子を味わっていただけますね!

f:id:Hiromi2020:20220219162114j:image

 ちなみに、アルコールのお値段はこちら↑です。

f:id:Hiromi2020:20220219162241j:image

 その他、エスプレッソマシンや、ティーバッグの緑茶など。

f:id:Hiromi2020:20220219162359j:image

 紅茶は2004年に誕生した英国ブランドのJINGTEA(ジンティー)でした。ラグジュアリーホテルなどで、よく目にします。

クローゼットなど

f:id:Hiromi2020:20220219162828j:image

 クローゼットは、かなり広くスペースが取られています。大きめのスーツケースなどにも対応できます。また、ハンガーの数も申し分ないです。

f:id:Hiromi2020:20220219163251j:image

 こちらは、お部屋の出入口からベッドルームに繋がるスペースを撮影しました。タイル敷きの床に高級感があります。

f:id:Hiromi2020:20220219163142j:image

 ちょっと分かりにくい場所にありますが、セキュリティボックスもあります。

f:id:Hiromi2020:20220219163710j:image

 お部屋の出入口付近には、靴を履くときに便利な腰掛けと靴べらが置かれています。樹と革の感じがおしゃれです!

無料の靴磨きサービス

f:id:Hiromi2020:20220219165017j:image

 無料の24時間靴磨きサービスがあります。例えば夜、寝ている間に磨いてもらって、翌朝にお部屋へ届けてもらうことが可能です。

 このサービスは結構ありがたくて、他ホテルでも使わせていただくことが多いです!

無料で提供・貸出しアイテム

f:id:Hiromi2020:20220219165807j:image

 無料の提供アイテムや貸出し品が多いので、うっかり忘れてしまっても大丈夫です!

 実際に、ヘアアイロン(ストレート)、スマホの充電器(iPhoneのLightningケーブル)をお借りしました。

f:id:Hiromi2020:20220219170037j:image

 一覧のシートの中にはありませんが、ワインクーラー、ワイングラス、シャンパングラス、ワインオープナーなども無料で貸出していただけます。

f:id:Hiromi2020:20220219170257j:image

 ホテルステイがより盛り上がるアイテムですね!

水回り・バスアメニティ

水回り

f:id:Hiromi2020:20220219170710j:image

 樹の温もりと雰囲気がステキな洗面スペースです。

f:id:Hiromi2020:20220222183506j:image

 バスルームは円形のバスタブが特徴的です!かなり広々と空間を使っています。

f:id:Hiromi2020:20220222183628j:image

 化粧室は、壁紙が深いネイビーで、洗面スペースの木目調の壁と区別し、空間にメリハリを与えています。

バスアメニティ

f:id:Hiromi2020:20220222184215j:image

 バスアメニティはおそらくホテルオリジナルのものかと思います。(販売製造元はペリカン石鹸さんです。)優しい香りが印象的なアメニティです。

詳しい水回り・バスアメニティはこちらから↓


f:id:Hiromi2020:20220222184641j:image

f:id:Hiromi2020:20220222184624j:image

 下記URLでは、詳しく水回り・バスアメニティについて、特集しています!気になる方はぜひ、ご覧ください!

kimamanisshi.hatenablog.com

今回の宿泊費はいくら?!

f:id:Hiromi2020:20220223113208j:image

 今回は前述の通り、宿泊予約サイト一休.comを利用して予約しました!プランも画像の通りです。

宿泊料金

1室2名キングのお部屋 税込・サービス料込54,142円のところ、ポイント即時利用で、43,322円となりました。(1人あたり21,661円です。)

 ホテルクレジット1万円分ルームアップグレードを加味するとなかなかお得に宿泊できたように感じます!

宿泊予約は一休で!
アンダーズ東京【一休.com】
 時々タイムセールなどホテルクレジット付きプランがあったりするので、要チェックです!

自分らしさを保ちつつ、リラックスしたホテルステイを楽しめる

f:id:Hiromi2020:20220223171155j:image

 アンダーズ東京は、コンセプトの通り自分らしいホテルステイの在り方を選べるホテルだと思います。例えば、夜景とともにレストランで食事を楽しんだり、日頃の疲れを併設のスパで癒すこともできます。

 また、宿泊予約サイトを利用することで朝食付きやホテルクレジット付きプランなどを選択することが可能です。

f:id:Hiromi2020:20220223172304j:image

 ぜひ、ご自身に合った過ごし方を選んで予約してみるのがおすすめです!

 今回も貴重な体験をありがとうございました!

宿泊予約は一休で!
アンダーズ東京【一休.com】
 時々タイムセールなどホテルクレジット付きプランがあったりするので、要チェックです!

(訪問時期は2022年2月です。最新の情報をご確認ください。)

ビュッフェと選べる1品で大満足の朝食!


f:id:Hiromi2020:20220220184545j:image

f:id:Hiromi2020:20220220184356j:image

 今回は朝食付きプランを予約しましたので、朝食の様子も実食レポートこれから宿泊を検討されている方は必見の内容です!

kimamanisshi.hatenablog.com

最上階52階「ルーフトップバー」へ


f:id:Hiromi2020:20220220114555j:image

f:id:Hiromi2020:20220220114549j:image

 ホテルクレジット付きということで、ホテル内のルーフトップバーへ行ってみました!絶景とともにお酒をいただけますが、冬は寒い?!雰囲気を知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください!

kimamanisshi.hatenablog.com

宿泊者なら誰でも利用可!「アンダーズ ラウンジ」


f:id:Hiromi2020:20220220184708j:image

f:id:Hiromi2020:20220220184705j:image

 アンダーズ東京はクラブラウンジがありません。その代わりというわけでもないかと思いますが、宿泊者であれば24時間誰でも利用可能な「アンダーズラウンジ」があります。イブニングサービスでは、アルコールの提供もあるので注目です!

kimamanisshi.hatenablog.com

インルームダイニングを利用してみた!


f:id:Hiromi2020:20220220095423j:image

f:id:Hiromi2020:20220220095419j:image

 お部屋でゆっくりと食事を楽しみたい方に特にご覧いただきたい記事です!お部屋でもしっかり熱々のメニューをいただけました〜

kimamanisshi.hatenablog.com

お部屋のバスアメニティ・水回り特集


f:id:Hiromi2020:20220220105034j:image

f:id:Hiromi2020:20220220105038j:image

 お部屋のバスアメニティ・水回りについて特集した記事です!バスタブが円形なのが特徴的。お部屋全体が50㎡の広さがあるので、水回りもしっかりスペースが保たれていました。

kimamanisshi.hatenablog.com

東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」からのアクセス方法をご紹介!


f:id:Hiromi2020:20220220110132j:image

f:id:Hiromi2020:20220220110130j:image

 今回はアクセス記事を書いてみました!地下通路から地上に出ることなくアクセス可能ですが、kimama日誌は迷いました(笑)

 皆さんには、そんな思いをして欲しくないので、分かりやすくまとめてみました!

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!