kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

ザ・プリンスパークタワー東京【ブログ宿泊記】お部屋のアメニティ特集!開放感抜群のビューバス

 今回は「ザ・プリンスパークタワー東京」に宿泊してきました。この記事では、バスアメニティ水回りの空間を特集したいと思います。宿泊を検討されている方の参考となるようお伝えします!

f:id:Hiromi2020:20220414074422j:image

バスアメニティは「タルゴ」

f:id:Hiromi2020:20220414074802j:image

 今回宿泊したパノラミックフロア客室のバスアメニティは、フランスのスキンケアブランド「タルゴ(THALGO)」で統一されていました。

f:id:Hiromi2020:20220414080305j:image

ポイント!

 1964年にタラソセラピー(海洋療法)海の恵みから生まれたブランドです。現在、世界90か国のホテル・スパなどで利用されています。

 肌触りは滑らかで、少し甘く非常に落ち着く香りです。

f:id:Hiromi2020:20220415183615j:image

(画像:公式サイトより)

 ちなみにこちらのホテルは、フロアによってアメニティが変わります

 宿泊したフロアのひとつ上のプレミアムクラブフロアでは、南仏の香り「ロクシタン」の製品を使用しているようです。

 

www.princehotels.co.jp

 kimama日誌では、京王プラザホテル(新宿)に宿泊した際、ロクシタンのアメニティに出会いました〜

kimamanisshi.hatenablog.com

開放感のある水回り

f:id:Hiromi2020:20220414083211j:image

 水回りのスペースは、外の景色が映える配色の内装でビューバスに相応しい空間となっています。

f:id:Hiromi2020:20220414083810j:image

 洗面台は横に広く使いやすいです。

f:id:Hiromi2020:20220414084609j:image

 洗面台には先程ご紹介したバスアメニティの他、様々なアメニティが配置されています

f:id:Hiromi2020:20220414084706j:image

 こちらは歯ブラシなどのアメニティです。パッケージにはプリンスホテルのロゴが入っていますね。

f:id:Hiromi2020:20220414085318j:image

 ↑画像右上の黒い帯状のものがヘッドバンドです。彼女曰く、使いやすかったそうです。

マーガレットジョセフィンのスキンケアセット

f:id:Hiromi2020:20220414111927j:image

ポイント!

マーガレットジョセフィンのスキンケアセットが置いてありました!

 かなりしっかりしたパッケージと説明書きでした。

その他の備品

f:id:Hiromi2020:20220415073846j:image

f:id:Hiromi2020:20220415073843j:image

 マウスウォッシュやプリンスホテルのロゴが入ったハンドタオル、固形せっけんがありました。

f:id:Hiromi2020:20220415074042j:image

 バスタオルフェイスタオルは水回り入口付近に置かれていました。


f:id:Hiromi2020:20220415074140j:image

f:id:Hiromi2020:20220415074137j:image

 ドライヤーはお部屋常設の備品です。kimama日誌ではおなじみのヘアアイロンを今回もお願いしてみました。このホテルでは、ストレートアイロンの用意がなくヘッドがブラシ状になったヘアドライヤー(画像右)が貸出可能とのことでした。

f:id:Hiromi2020:20220415074951j:image

 こちらは珍しいかもしれません。洗面台の壁面に拡大鏡が取り付けられていました。

お風呂はビューバス!

f:id:Hiromi2020:20220415075255j:image

ポイント!

このお部屋はビューバスとなっていて、バスタブでくつろぎながら外の景色を楽しむことが可能です。

外の景色はこんな感じ

f:id:Hiromi2020:20220415080652j:image

 窓の外は増上寺を正面に捉える景色でした。季節柄、美しく咲く桜を眺めることができました!

f:id:Hiromi2020:20220415081151j:image

 バスタブに浸かった場合の見え方はこんな感じかと思います。空の範囲が増えますね。

f:id:Hiromi2020:20220415081029p:image

 ちなみに東京タワーは洗面台の鏡を通じて足元が見えました!

 なお、窓にはブラインドが取り付けられていますので、外の視線を遮ることも可能です。

ビューバスだけど…?

f:id:Hiromi2020:20220415084042j:image

 画像をご覧いただくと分かるのですが、仮にバスタブに浸かって窓の外を眺めようとすると、手前を背もたれとするわけですが、

お風呂の栓に当たってしまうんですよね…少し気になった点です。

バスソルトを使ってみた

f:id:Hiromi2020:20220415083517j:image

 フランスで採取された自然塩を使用したバスソルトだそうです。

f:id:Hiromi2020:20220415083448j:image

 実際に使用すると水の色は変わりませんが、甘く軽やかな香りに包まれました!

f:id:Hiromi2020:20220415084431j:image

 ちなみにバスタブには、ジャグジー機能が付いています。

シャワーブース

f:id:Hiromi2020:20220415084802j:image

 シャワーブースはバスタブの隣に配置されています。水圧は良好です。レインシャワーはありませんでした。

最後に化粧室

f:id:Hiromi2020:20220415122707j:image

 化粧室のスペースは、シャワーブースに向かって左隣にあります。便座に座るとシャワーブースのガラスを通じて、外の景色を眺めることもできます。開放感抜群です(笑)

ホテルステイを盛り上げてくれるアメニティ!

f:id:Hiromi2020:20220415085903j:image

 ホテルステイにおける楽しみのひとつは、アメニティにあるのかなと思っています!いつもと違うボディソープやシャンプーで、香りや肌への質感を体験するのもホテルステイならではです。

 こちらのホテルはフロアごとにバスアメニティが異なりますので、次回はクラブフロア宿泊にしようかなと考えています!

 今回も貴重な体験をありがとうございました。

宿泊予約は一休.com!
一休.com
ポイント即時利用やキャンペーンがなんだかんだお得な気がしています!ぜひ一度アクセスしてみてください。

(訪問時期は2022年4月です。最新の情報をご確認ください。)

東京タワーを間近に!ルームツアー記事です


f:id:Hiromi2020:20220413204156j:image

f:id:Hiromi2020:20220413204159j:image

 今回も宿泊予約サイト一休.comを利用して、朝食付きのタワービューコーナールームを予約しました!東京タワーがガチで間近です。これから宿泊を検討されている方におすすめのルームツアー記事です。

kimamanisshi.hatenablog.com

ホテル最上階で朝食をいただく!


f:id:Hiromi2020:20220415204838j:image

f:id:Hiromi2020:20220415204814j:image

 朝食会場はホテル最上階33階のレストランを選択してみました!プレミアムシートから望む景色にも注目です。記念日のディナーにもおすすめの場所です。

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!