kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

ANAインターコンチネンタルホテル東京【ブログ宿泊記】クラブフロア客室はお値段以上でガチおすすめ!

 今回の舞台は「ANAインターコンチネンタルホテル東京」です!クラブフロアに宿泊しました。特にクラブラウンジは至れり尽くせりでめちゃくちゃおすすめ!この記事は実際に宿泊したお部屋のルームツアー記事です。これから宿泊を検討されている方は必見です!

f:id:Hiromi2020:20220429165539j:image

ANAインターコンチネンタルホテル東京はこんなホテル!

f:id:Hiromi2020:20220429165445j:image

 ANAインターコンチネンタルホテル東京は、1986年にオープンした客室数844室、地上37階建てのホテルになります。国内に展開するインターコンチネンタルホテルの旗艦ホテルに相当すると思います。

f:id:Hiromi2020:20220502142604j:image

 ホテルは赤坂・六本木にまたがるアークヒルズ内に位置し、都心に居ながら緑に囲まれた落ち着きのある雰囲気です。

f:id:Hiromi2020:20220502142915j:image

 (画像:公式サイトより)

 施設面では、夏季限定オープンのガーデンプールが有名だったりするようです。クラブフロア宿泊であれば入場無料となります。

anaintercontinental-tokyo.jp

フロント付近の様子

f:id:Hiromi2020:20220502143314j:image

 非常に開放感のある吹き抜けの空間が現れます。1986年オープンということですが、古さを感じることはなく重厚感・品の良さが印象に残りました

今回予約したプラン

f:id:Hiromi2020:20220502144750j:image

 今回も宿泊サイト一休.comを利用し、予約しました。

今回予約したお部屋

1キングベッドクラシックハイフロアクラブ/シャワーブースのみ

宿泊予約は一休から!
一休.com
特にタイムセール時ポイント倍増クーポンなどお得に泊まれる機会がありますので必ずチェックです!

 実際のお得な料金はこちらから。

f:id:Hiromi2020:20220502145313j:image

 (画像:公式サイトより)

お部屋のポイント!

・クラブラウンジ(35階)アクセス付き客室

・お部屋の大きさは28㎡(クラシック客室)〜32㎡(プレミアム客室)

・32階以上がクラブフロアのため、客室からの眺めが抜群

f:id:Hiromi2020:20220502150011j:image

(画像:公式サイトより) 

 今回宿泊したお部屋は、クラブフロアの中でも1番リーズナブルなお部屋となります。ちょっとした注意点としては、

水回りにシャワーブースのみを設置し、お部屋全体のスペースを確保している点

 つまり、お部屋にバスタブがないため、気になる方はクラシック/プレミア客室ではなく、お値段は上がりますが、スイートルームを検討してみるのも良いかと思います。(クラブフロアでバスタブが設置されているのは、スイートルームのみです。)

anaintercontinental-tokyo.jp

ホスピタリティ抜群のクラブラウンジブログレポートはこちらから!


f:id:Hiromi2020:20220502150628j:image

f:id:Hiromi2020:20220502150626j:image

 クラブラウンジのブログレポートは↓こちらの記事にまとめてみました!チェックインからティータイムカクテルタイム朝食と詳しくお伝えします。

 これまでkimama日誌では様々なホテルに宿泊してきましたが、1、2位に相当するお値段以上の満足感がありました!ぜひ、ご覧ください。(宿泊したくなりますよ(笑))

kimamanisshi.hatenablog.com

それでは気になるお部屋をご案内!34階1キングベッドクラシックハイフロアクラブ

f:id:Hiromi2020:20220429172020j:image

 今回は34階1キングベッドクラシックハイフロアクラブ(シャワーブースのみ)のお部屋です。

f:id:Hiromi2020:20220429200917j:image

 28㎡のお部屋ということで、そこまで広いということはありませんが、窓が大きくとられ開放感のあるお部屋となっています。

f:id:Hiromi2020:20220429201916j:image

 キングサイズのベッドが1台配置されています。十分な大きさです。

f:id:Hiromi2020:20220429202025j:image

 ベッドを背に窓側へ目を移すと、窓辺いっぱいに広がるソファーがラグジュアリー感を演出します!

お部屋からの眺望はこんな感じ

日中の様子

f:id:Hiromi2020:20220429202327j:image

 なんと、うれしいことに東京タワービューのお部屋でした!宿泊当日は雨模様ということで、少し残念ですが、晴れていればなかなかすごい景色かと思います!

f:id:Hiromi2020:20220430074427j:image

 思いの外、緑が多いですね。東京タワーの他、ホテルでいうと東京エディション虎ノ門(東京ワールドゲート)、アンダーズ東京(虎ノ門ヒルズメインタワー)、ジ・オークラ東京が見えたりします。

kimamanisshi.hatenablog.com

kimamanisshi.hatenablog.com

もちろん夜景はきれい!

f:id:Hiromi2020:20220430074845j:image

 窓が結露していますが、オレンジ色にライトアップした東京タワーがきれいです!

f:id:Hiromi2020:20220430075112j:image

 実際はもっと大きく東京タワーを捉えることができますよ!

朝方の様子

f:id:Hiromi2020:20220430075224j:image

 幸いなことに翌朝は快晴でした!まさに美しい非日常の景色です。

ここからはお部屋の中を詳しく…

ソファーゾーン

f:id:Hiromi2020:20220430080617j:image

 先程も少し触れましたが、窓辺いっぱいに広がるソファーで、外の景色を眺めながらくつろげます

f:id:Hiromi2020:20220430080733j:image

 ソファーの手前には円形のテーブルが置かれています。

f:id:Hiromi2020:20220430230231j:image

 テーブル横にはテレビのリモコンや、館内案内、インルームダイニングの注文などが可能なタブレットが置かれていました。

f:id:Hiromi2020:20220430230341j:image

 壁面にはUSB Type-Aの差し込み口があるので、スマホの充電をしながらくつろぐことも可能です。

ベッドサイド

f:id:Hiromi2020:20220502093040j:image

 ベッド左サイドは照明の操作パネル、コンセントの差し込み口、USBポート(Type-A)がひとつずつ、時計などが置かれています。

f:id:Hiromi2020:20220502182947j:image

 ベッド右サイドは、左サイドと同様に照明の操作、コンセント、USBポートがあり、加えてカーテンの開閉を操作できます。

テレビ周り

f:id:Hiromi2020:20220502122033j:image

 テレビは49インチの4Kテレビです。


f:id:Hiromi2020:20220502122136j:image

f:id:Hiromi2020:20220502122141j:image
ポイント!

注目はBOSEのスピーカー!

 低音のサウンドがめちゃくちゃ心地よく自宅にも欲しくなりました(笑)テレビのサウンドはもちろんBluetooth機能なども付いていて、スマホの音楽を流すこともできます。

ミニバー関係

f:id:Hiromi2020:20220502151539j:image

 ミニバー関係はテレビ右横の棚に集中しています。無料のお水やエスプレッソマシンがあります。

f:id:Hiromi2020:20220502151626j:image

 上段の棚には、ワイングラス・シャンパングラス、ポットなどが収められています。

f:id:Hiromi2020:20220502151913j:image

 中段の引き出しにはエスプレッソマシンのカプセルや無料の紅茶(TWG)、ウーロン茶、緑茶が入っています。

f:id:Hiromi2020:20220502151818j:image

 下段のスペースには冷蔵庫が設置されています。中身はこんな感じです。

f:id:Hiromi2020:20220502152113j:image

 ちなみにお値段は↑画像の通りです。ご参考までに。

インルームダイニングの案内

f:id:Hiromi2020:20220502164955j:image

 インルームダイニング(ルームサービス)のメニューは、デジタルメニューとなっていてQRコードを読み取ることで、手元のスマホからアクセス可能です。

ただし、注文は室内のタブレットや電話からとなります。

anaintercontinental-tokyo.jp

クローゼットなど

f:id:Hiromi2020:20220502165450j:image

 2名宿泊であればちょうど良い大きさのクローゼットです。

f:id:Hiromi2020:20220502165542j:image

 バスローブの他、パジャマもあります。


f:id:Hiromi2020:20220502165620j:image

f:id:Hiromi2020:20220502165625j:image

 その他、セキュリティボックスやランドリーサービスの案内、珍しいところでは青竹踏みができる竹が収められていました。

水回り・バスアメニティ

f:id:Hiromi2020:20220502165907j:image

 水回りのスペースは、ガラス張りのため圧迫感がありません。ガラスはもちろんセンサーでシェードされます。

f:id:Hiromi2020:20220502170106j:image

 お部屋のスペースからそこまで広くはありませんが、窮屈ということもありません。

f:id:Hiromi2020:20220502170243j:image

 シャワーブースはレインシャワー付きです。

f:id:Hiromi2020:20220502170413j:image

 お部屋のバスアメニティは、タイで生まれたナチュラルスキンケアブランドの「THANN(タン)」でした。

 水回り、バスアメニティの詳しい内容は、↓こちらの記事で特集しておりますので、ご覧ください!

kimamanisshi.hatenablog.com

ターンダウンサービス

f:id:Hiromi2020:20220502182958j:image

 就寝前のベッドメイクを行ってくれるターンダウンサービスを希望制で(17:00〜19:00の間に実施)受け付けていました。

 内容としては、お部屋のゴミ捨てアメニティの補充ベッドのリメイクペットボトルのお水チョコレートをベッドサイドに配置するといった具合でした。

今回の宿泊費はいくら!?

f:id:Hiromi2020:20220502171301j:image

 今回は冒頭で述べた通り、宿泊予約サイト一休.comを利用して予約しました。プランは画像の通りです。

宿泊料金

1室2名クラブフロアのお部屋で、税込・サービス料込49,000円のところ、ポイント即時利用+クーポンで35,420円でした!(1人あたり17,710円です。)

 冒頭で少し触れた通り、クラブラウンジでのサービスでお値段以上の満足感を得ることができました。かなりおすすめのホテルです!

宿泊予約は一休から!
一休.com
特にタイムセール時ポイント倍増クーポンなどお得に泊まれる機会がありますので必ずチェックです!

感動のクラブフロア体験!ぜひ一度宿泊してみてください

f:id:Hiromi2020:20220502172045j:image

 今回宿泊したお部屋はたまたま東京タワービューということで、東京らしい景色を楽しめました!また、お部屋もさることながらクラブラウンジでのサービスがお値段以上で感動しました!

 セルフサービスを基本としたクラブラウンジも多いですが、こちらのホテルはスタッフの方が常に利用者に気を配っていてクラブフロアらしい特別感のある体験を提供しています。

 記念日、デート、ご家族でどんな用途にも利用できるかと思います!

 今回も貴重な体験をありがとうございました!

宿泊予約は一休から!
一休.com
特にタイムセール時ポイント倍増クーポンなどお得に泊まれる機会がありますので必ずチェックです!

(訪問時期は2022年4月です。最新の情報をご確認ください。)

クラブラウンジの全体験を分かりやすくレポート!


f:id:Hiromi2020:20220502173006j:image

f:id:Hiromi2020:20220502173003j:image

 クラブラウンジでの体験まとめてレポート!チェックインからティータイムカクテルタイム朝食と詳しくお伝えします。

 これまでkimama日誌では様々なホテルに宿泊してきましたが、1、2位に相当するお値段以上の満足感がありました!ぜひ、ご覧ください。(宿泊したくなりますよ(笑))

kimamanisshi.hatenablog.com

クラブフロア客室のアメニティを特集!


f:id:Hiromi2020:20220502173455j:image

f:id:Hiromi2020:20220502173518j:image

 実際に宿泊したクラブフロア客室のアメニティを特集しました!品のある香りは、ホテルステイを盛り上げます。

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!