kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

ザ・ペニンシュラ東京ブログ宿泊記 オリジナルアメニティと高級感のあるバスルームに注目!

 今回は「ザ・ペニンシュラ東京」に宿泊してきました!この記事では、バスアメニティやこのホテルならでは?バスルーム特集したいと思います。宿泊を検討されている方の参考となるようお伝えします!

f:id:Hiromi2020:20220609200314j:image

バスアメニティはホテルオリジナル!

f:id:Hiromi2020:20220607075008j:image

(画像:シャワージェル・コンディショナー・シャンプー)

 こちらのバスアメニティは、華道家の大沢さとり氏が監修したフレグランスを使用したものだそうです。ペニンシュラでは、ホテルの立地する国や都市をイメージしてオリジナルアメニティを作成しているそうです。

f:id:Hiromi2020:20220607080038j:image

(画像:固形石けん・バスソルト)

ポイント!

フレグランスはレモンスミレサンダルウッドを使用しています。爽やかさの中にウッディーでエキゾチックな香りが残ります。また、香りが長持ちするところも特徴かと思います。

f:id:Hiromi2020:20220607075821j:image

(画像:固形石けん・ボディミルク)

 また、環境に配慮した取り組みリサイクル可能なアルミニウムなどを使用したチューブ状の(感覚とすると絵の具のチューブのような)容器となっています。

f:id:Hiromi2020:20220607080543j:image

 アルミニウムの容器は素材として、高級感があり良いですよね!面白いのが封の切り方で、黒い蓋の窪みをチューブの開け口に押し込んで使用します。上手く説明ができないので、ぜひ宿泊された際に確かめてみてくださいね!

洗面ボウルを2つ備える広々スペース

f:id:Hiromi2020:20220607081244j:image

 ご覧の通り、左右に洗面ボウルを備える広々としたバスルームとなっています。

f:id:Hiromi2020:20220607084849j:image

 左側の洗面スペースには、バスタオルをはじめとしたタオル類などが配置されています。

f:id:Hiromi2020:20220607085059j:image

 引き出しの中には、歯ブラシなどのアメニティが納められています。持ち手の部分に木や竹が使用されていて、こちらも環境への配慮の一環かと思います。

f:id:Hiromi2020:20220608074204j:image

 ちなみにドライヤーは、バスルーム向かいのドレッシングルームに置かれていました。1台6万円近いお値段のドライヤーで、さすがペニンシュラです(笑)

テレビ付きのバスルーム

f:id:Hiromi2020:20220608074533j:image

 バスタブに向かって右側の洗面スペース壁面にはテレビが設置されています!

f:id:Hiromi2020:20220608074625j:image

 こちらのテレビなんですが、正直にお伝えすると年式が古く画質がイマイチです(笑)あまり出番はないかなと思ったりもしました。

f:id:Hiromi2020:20220608074843j:image

 テレビのチャンネル選択などはこちらのパネルで行います。照明の調整ラジオを試聴音量調節が可能です。

広々したバスタブが魅力的!

f:id:Hiromi2020:20220608075546j:image

 なんと言っても正面に設置されたバスタブがラグジュアリー感を演出し魅力的です!

f:id:Hiromi2020:20220608075637j:image

 このように↑お湯が壁面から注がれることで、バスタブ内の突起を少なくしています。また広さもそこそこあり、大人2人が向かい合って入浴してもゆとりある空間が確保されています。

こちらも機能がいろいろ…

f:id:Hiromi2020:20220608081124j:image

 バスタブの壁面にもパネルが取り付けられています。

f:id:Hiromi2020:20220608081241j:image

 パネル左から、こちらは先程お伝えしたテレビやラジオの操作が可能なボタンに加え、電話の応答発信が可能です。

スパモードがやばい!

f:id:Hiromi2020:20220608182054j:image

 さらに先ほどのパネルには「スパモード」というボタンが付属しており、↑画像なような照明を抑えたムーディーな空間に様変わりします!香港発のホテルらしい二胡のヒーリングミュージックが流れリラックスできますよ!

スパモードでは、お部屋が自動的にプライバシーモードとなり、外部との連絡が遮断されます。例えばルームサービスを希望していてもスタッフの方は入室できませんのでご注意ください!

ガラス張りのシャワーブース

f:id:Hiromi2020:20220608182818j:image

 シャワーブースはガラス張りで、必要なスペースが確保されている印象です。


f:id:Hiromi2020:20220608182908j:image

f:id:Hiromi2020:20220608182905j:image

 通常のシャワーとレインシャワーが設置されています。通常のシャワーは少し水圧が物足りないような気がしました

最後にお手洗い

f:id:Hiromi2020:20220608183716j:image

 上品さが漂う石張りのお手洗いです。

f:id:Hiromi2020:20220609074355j:image

 お手洗いには電話プライバシーモードに切り替え可能なボタンが設置されています。

f:id:Hiromi2020:20220609074555j:image

 お手洗いもガラス張りですが、磨りガラスとなっています。ただし、ガラス同士を組み合わせている関係か、ガラス同士で少し隙間が見られました。

オリジナルアメニティや機能満載のバスルームをぜひ実際にお試しください!

f:id:Hiromi2020:20220609075105j:image

 ホテルステイにおける楽しみのひとつは、アメニティにあるのかなと思っています!いつもと違うボディソープやシャンプーで、香りや肌への質感を体験するのもホテルステイならではです。

 こちらのホテルでは、ここにしかないオリジナルバスアメニティ特徴的な機能を持つバスルームがあります。ぜひ一度、お試しいただければと思います。きっと楽しいホテルステイになること間違いなしです!

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

宿泊予約は一休がおすすめ!
ザ・ペニンシュラ東京【一休.com】
一休からの予約はタイムセール時のポイント即時利用がお得!この機会にぜひチェックしてみてください。ザ・ペニンシュラ東京は朝食付きプランが絶対おすすめです!!

(訪問時期は2022年5月です。最新の情報をご確認ください。)

一般的なお部屋で驚きの50㎡以上!ルームツアーへご案内!

f:id:Hiromi2020:20220530192526j:image

 ザ・ペニンシュラ東京は、一般的な客室でも50㎡以上の広さがあります。メインルームの他、バスルームやドレッシングルームを備えた驚きのルームツアーへご案内です!

kimamanisshi.hatenablog.com

ルームサービスの朝食を体験!

f:id:Hiromi2020:20220601194118j:image

 今回は朝食付きプランを予約しました!こちらのホテルでは、レストランとルームサービスで基本的に同じ朝食をいただけるということで、今回はルームサービスを選択しました。おすすめは中華メニューの朝食です!

kimamanisshi.hatenablog.com

お部屋でレストラン気分を!インルームダイニングを体験

f:id:Hiromi2020:20220530193550j:image

 今回も宿泊予約サイト一休.comを利用して予約しました!ダイアモンド会員特典のホテルクレジットで、インルームダイニングを体験です。お部屋でレストラン気分が味わえますよ!

kimamanisshi.hatenablog.com

カクテルアワーでお得!最上階のバーでホテルイチオシのカクテルを堪能

f:id:Hiromi2020:20220530194047j:image

 ホテル最上階(24階)にあります「Peter バー」では、期間限定で午後5時から8時までカクテルアワーと称し、1杯1,500でアルコールがいただけます!今回は通常2,600円のホテルイチオシのカクテルをいただきました。

kimamanisshi.hatenablog.com

大人気のマンゴープリンをいただきました!

f:id:Hiromi2020:20220530194353j:image

 ホテル地下1階の「ブティック&カフェ」では、午前で売り切れてしまう大人気フレッシュマンゴープリン」を販売しています!

 売り切れてしまうということですが、ご安心ください。なんと取り置き予約が可能です!宿泊に合わせてお部屋にテイクアウトしました。予約方法なども含めてお伝えします。

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!