kimama日誌

会社とおうちの往復だけが人生ではない!25歳会社員がいつものレールを外れて、実体験したグルメやおでかけについて気ままに更新中

ザ・ペニンシュラ東京ブログ宿泊記!広々なデラックスキング客室をルームツアー

 今回の舞台は「ザ・ペニンシュラ東京」です!東京でちょっとした香港気分が味わえるステキなホテルです。実際に宿泊したお部屋をご紹介しますので宿泊を検討されている方はぜひご覧ください!

f:id:Hiromi2020:20220609123124j:image

ザ・ペニンシュラ東京はこんなホテル!

f:id:Hiromi2020:20220611185409j:image

 「ザ・ペニンシュラ東京」は、香港&上海ホテルズが運営する2007年9月開業のホテルで、東京でちょっとした香港気分が味わえるそんなホテルです!また、標準的な客室で54㎡という広さを備える点が大きな特徴のひとつです。

象徴的なエントランスの様子

f:id:Hiromi2020:20220613074801j:image

 正面入口を入ると、吹き抜けの大きな空間が広がります。空に広がる花火や蛍をイメージしたシャンデリアがとても美しく映えます。

 また、この空間は「ザ・ロビー」という朝食からアフタヌーンティー、ディナーまで楽しめるダイニングとなっています。

f:id:Hiromi2020:20220613075136j:image

 エントランスで特に象徴的なのは、濱恵泉氏の作品である『臥龍の門』です!龍が横たわる姿を表したという作品で、素材として竹を採用しています。その他、館内・客室にも様々なアート作品が展示されています。ちょっとした美術館のようなホテルでもあったりします。

今回予約したプラン

f:id:Hiromi2020:20220613075922j:image

 今回もkimama日誌お馴染みの宿泊サイト一休.comを利用し、予約しました。

今回予約したプランとお部屋

 プラン名:今ならボトルシャンパン付き!ミシュラン二つ星シェフ監修和朝食や本格中華、洋食から選べる朝食付きプラン

 お部屋:デラックスキング(ダブル)

宿泊予約は一休がおすすめ!
ザ・ペニンシュラ東京【一休.com】
一休からの予約はタイムセール時のポイント即時利用がお得!この機会にぜひチェックしてみてください。ザ・ペニンシュラ東京は朝食付きプランが絶対おすすめです!!

 実際のお得な料金は後述します。お楽しみに!

f:id:Hiromi2020:20220613080441j:image

(画像:公式サイトより)

お部屋のポイント!

・一般的なお部屋で54㎡!驚きの広さ

・ドレッシングルームが付いている

・バスルームにペニンシュラらしい機能が!?

f:id:Hiromi2020:20220614152309j:image

(画像:公式サイトより)

 今回も予約時点で1番お得なプランとお部屋で予約しています。

f:id:Hiromi2020:20220617081213j:image

ポイント!

特にボトルシャンパンと朝食付きプラン、一休ダイアモンド特典でのホテルクレジット5,000円が大きかったです!

宿泊予約は一休がおすすめ!
ザ・ペニンシュラ東京【一休.com】
もちろんダイアモンド会員でなくても大丈夫です!時々、ホテルクレジット付きプランやボトルシャンパン、ワイン付きプランが掲載されていますので、ぜひこの機会に確認してみてくださいね。お得で楽しいホテルステイにしましょう!

それでは気になるお部屋へご案内!11階デラックスキング

f:id:Hiromi2020:20220613084117j:image

 今回は11階デラックスキング客室でした。ちなみにこの客室タイプは8階〜20階に用意されているので、11階は比較的低層フロアになります。

f:id:Hiromi2020:20220613084527j:image

 お部屋の中はこんな感じです↑まず、なんと言っても54㎡ということで、ベッドルームが広い!

f:id:Hiromi2020:20220613084905j:image

 天然木材を使用した空間で、インテリアや照明の明るいブラウンカラーが落ち着きを与えます。

f:id:Hiromi2020:20220613085121j:image

 ベッドはダブルベッドとなります。クイーンやキングサイズと比較すると小さめになりますが、十分な大きさです。

f:id:Hiromi2020:20220613085356j:image

 ベッド側からソファー周りを撮影しました。こちらもゆとりある空間で、リラックスできそうですね!

このお部屋の眺望は有楽町駅方面

f:id:Hiromi2020:20220614063425j:image

 今回のお部屋は有楽町駅方面を望む眺望でした。ご覧の通り目の前のビルしか見えないです(笑)

f:id:Hiromi2020:20220614063614j:image

 かろうじてビルとの隙間からビルが見える感じでした。11階なのでこんな感じかも知れませんね。

f:id:Hiromi2020:20220614063757j:image

 このように向かいのビルからお部屋が見えますので、基本的にレースのカーテンを閉めて過ごしました。

ここからはお部屋の中を詳しく…

ワイヤレス充電器あり!ベッドサイド

f:id:Hiromi2020:20220614145051j:image

 ベッド左サイドには、テレビのリモコン、電話、照明や空調、カーテンの開閉などを操作できるマルチパネルなどが備えられています。

f:id:Hiromi2020:20220614145158j:image

 ベッド右サイドには、先程のマルチパネルと電話などが備えられています。

f:id:Hiromi2020:20220614145254j:image

 こちらは両サイド共通で、ワイヤレス充電器とUSBポート(Type-A)、コンセントの差し込み口が引き出し内に設置されています!

広々としたソファー周り

f:id:Hiromi2020:20220614075717j:image

 ソファーの周りはリビングのような空間となっています。ソファーはだいたい3人掛けくらいの十分な大きさです。

f:id:Hiromi2020:20220614080021j:image

 窓際には2人掛けのテーブルが設置されています。こちらで、インルームダイニングや朝食をいただきました!

kimamanisshi.hatenablog.com

プラン特典のシャンパンはこちら!

f:id:Hiromi2020:20220614080150j:image

 先程のテーブル上には、プラン特典のフルボトルシャンパンが置かれていました!Amazonや楽天市場などで約5,000円で販売されている商品でした。プレゼントにも気を抜かないところは、さすがペニンシュラです。

f:id:Hiromi2020:20220614080427j:image

 一応、シャンパンは持ち帰りを想定しているようですが、お部屋でいただきたい場合は冷えたものと交換可能です。kimama日誌では、インルームダイニングを注文した際に交換していただきました。

kimamanisshi.hatenablog.com

テレビは隠れています!?

f:id:Hiromi2020:20220614081031j:image

 お部屋に入るとよく見るとテレビがない?!となるのですが、、、

f:id:Hiromi2020:20220614081131j:image

 なんと、ソファー正面の壁面に隠れています!


f:id:Hiromi2020:20220614122934j:image

f:id:Hiromi2020:20220614122956j:image

 テレビの下にはRCA端子やD端子など今となっては懐かしい映像出力ケーブルの差し込み口が並びます。右の画像はDVD&CDプレイヤーです。
f:id:Hiromi2020:20220614123327j:image

 しかしながらHDMIケーブルの差し込み口がありました!テレビの左端にケーブルがあります。これならNintendo Switchがプレイできます(笑)

ちょっとした作業デスク(FAX付き)

f:id:Hiromi2020:20220614123628j:image

 テレビに向かって右側のスペースは、作業デスクとなっています。

f:id:Hiromi2020:20220614123753j:image

 電話やメモ用紙、コンセントの差し込み口など。

f:id:Hiromi2020:20220614131349j:image

 インターネットラジオを聴取できるパネルや外気温・風速が表示されるパネルもあります。正直、用途が思い浮かびません(笑)

f:id:Hiromi2020:20220614131554j:image

 お部屋にFAXが設置されているホテルは初めてかも知れません!デスク下の収納に設置されています。

気づきにくいかも?!デスクの引き出し

f:id:Hiromi2020:20220614131939j:image

 作業デスクの引き出しには、アルコールハンドジェルおしぼりが入っていますので重宝します!


f:id:Hiromi2020:20220614144617j:image

f:id:Hiromi2020:20220614144620j:image

 特にペニンシュラオリジナルのマスクケースはなかなかうれしいサービスです!右の画像は、よく分からないのですがホテルのDVDなども収められていました。

ミニバーにはお馴染みのマンゴープリン!

f:id:Hiromi2020:20220614145733j:image

 ミニバーの冷蔵庫内には、お馴染みのマンゴープリンが入っています!

 kimama日誌では、こちらのマンゴープリンではなく、「フレッシュマンゴープリン」という館内B1で販売されている商品をテイクアウトしてみました!下記の記事に詳しい内容を掲載中です。

kimamanisshi.hatenablog.com

f:id:Hiromi2020:20220614150116j:image

 冷蔵庫上の収納にもウィスキーなどのアルコール類が配置されています。また、通常のグラスに加え、ワイングラス栓抜きなどが収められています。

f:id:Hiromi2020:20220614150411j:image

 こちらのエスプレッソマシンですが、ポット機能(給湯)を兼ねています。ただし、少しずつ給湯されるので、少し使いにくさがありました。

f:id:Hiromi2020:20220614150632j:image

 スナック類は意外にシンプルです。チョコレートやおつまみ系のスナックでした。

f:id:Hiromi2020:20220614150851j:image

 ミニバーのお値段は↑画像の通りです。ご参考までにご覧ください。


f:id:Hiromi2020:20220614150938j:image

f:id:Hiromi2020:20220614150935j:image

 その他、サービスの紅茶やエスプレッソマシンのカプセル、無料のお水は↑こんな感じでした。 

ターンダウンサービス

f:id:Hiromi2020:20220616075011j:image

 就寝前のベッドメイクを行ってくれるターンダウンサービスがあります。


f:id:Hiromi2020:20220616075302j:image

f:id:Hiromi2020:20220616075300j:image

 内容としては、ゴミ捨て、アメニティの補充、ベッドのリメイク、ペットボトルのお水をベッドサイドに配置などといった具合でした。

注目のドレッシングルームへ!

f:id:Hiromi2020:20220614153207j:image

 ドレッシングルームは、いわゆるクローゼットなどの機能をひとつの部屋としてあるようなイメージでしょうか。

f:id:Hiromi2020:20220616085706j:image

 こちらのクローゼットスペースには、ハンガーが3種類ありました。

f:id:Hiromi2020:20220617081327j:image

 バゲージラックも壁いっぱいに広がっています。

f:id:Hiromi2020:20220617083610j:image

 正面は鏡台となっています。引き出しに入れた物が天板から透けて中を確認できるようになっています。


f:id:Hiromi2020:20220617083730j:image

f:id:Hiromi2020:20220617083727j:image

 アクセサリーケースや珍しいところだとネイルドライヤーが設置されていたりします。


f:id:Hiromi2020:20220617083836j:image

f:id:Hiromi2020:20220617083839j:image

 皆さんお気づきかもしれませんが、こちらのホテルのお部屋は電話がいたるところに配置されてますよね(笑)

 このヘアドライヤーは、1台6万円前後でネットなどで販売されてる製品です。さすがペニンシュラです!


f:id:Hiromi2020:20220617084251j:image

f:id:Hiromi2020:20220617084254j:image

 拡大鏡やティッシュボックス、浴衣などです。

f:id:Hiromi2020:20220617084348j:image

 バレーサービス用のボックスが取り付けられていますので、簡易な物品などのやり取りは非接触で行うことが可能です。

バスルーム・バスアメニティは特集記事へ!

f:id:Hiromi2020:20220616074123j:image

 こちらも広々としたバスルームです!正面にバスタブを配置した高級感のある内装となっています。

f:id:Hiromi2020:20220616074612j:image

 バスアメニティはホテルオリジナルでした!詳しくは特集記事をご覧ください。行かないと分からないバスルームの特徴的な機能などをお伝えします。

kimamanisshi.hatenablog.com

今回の宿泊費はいくら?!

f:id:Hiromi2020:20220616075810j:image

 今回は冒頭で述べた通り、宿泊予約サイト一休.comを利用して予約しました。プランは画像の通りでボトルシャンパンと朝食付きのプランです!

f:id:Hiromi2020:20220616075909j:image

宿泊料金

1室2名デラックスキングで、税込・サービス料込60,024円のところ、ポイント即時利用で48,024円でした!(1人あたり24,012円です。)

 土日宿泊ボトルシャンパン朝食、プランとは別に一休ダイアモンド特典で5,000円分のホテルクレジットが付いてくるなど、かなりお得に宿泊できたかなと個人的には考えています。

宿泊予約は一休がおすすめ!
ザ・ペニンシュラ東京【一休.com】
もちろんダイアモンド会員でなくても大丈夫です!時々、ホテルクレジット付きプランやボトルシャンパン、ワイン付きプランが掲載されていますので、ぜひこの機会に確認してみてくださいね。お得で楽しいホテルステイにしましょう!

ホスピタリティ抜群の五つ星ホテル!

f:id:Hiromi2020:20220616080502j:image

 ザ・ペニンシュラ東京は、米国の雑誌『フォーブス・トラベルガイド』のホテル部門で最高ランクの5つ星を獲得する都内でも指折りのすごいホテルです!お部屋もさることながら、特にスタッフの方が丁寧にしっかりと接客される姿が印象的でした。この辺りも5つ星の由縁ですよね!

f:id:Hiromi2020:20220616084528j:image

 ここではルームツアーを中心にお伝えしましたがその他、朝食ルームサービスバーマンゴープリンなどkimama日誌ならではの様々な体験を記事にしております。ぜひご覧ください。kimama日誌では、皆さまのお得で楽しいホテルステイを少しでもお手伝いできればと考えています!

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

宿泊予約は一休がおすすめ!
ザ・ペニンシュラ東京【一休.com】
一休からの予約はタイムセール時のポイント即時利用がお得!この機会にぜひチェックしてみてください。ザ・ペニンシュラ東京は朝食付きプランが絶対おすすめです!!

(訪問時期は2022年5月です。最新の情報をご確認ください。)

ルームサービスの朝食を体験!

f:id:Hiromi2020:20220601194118j:image

 今回は朝食付きプランを予約しました!こちらのホテルでは、レストランとルームサービスで基本的に同じ朝食をいただけるということで、今回はルームサービスを選択しました。おすすめは中華メニューの朝食です!

kimamanisshi.hatenablog.com

バスアメニティを特集!機能満載?!広々バスルームに注目です

f:id:Hiromi2020:20220530193251j:image

 メインルームの広さもさることながら、バスルームも広々です!バスアメニティやバスルームの特徴的な機能をご紹介します。

kimamanisshi.hatenablog.com

お部屋でレストラン気分を!インルームダイニングを体験

f:id:Hiromi2020:20220530193550j:image

 今回も宿泊予約サイト一休.comを利用して予約しました!ダイアモンド会員特典のホテルクレジットで、インルームダイニングを体験です。お部屋でレストラン気分が味わえますよ!

kimamanisshi.hatenablog.com

カクテルアワーでお得!最上階のバーでホテルイチオシのカクテルを堪能

f:id:Hiromi2020:20220530194047j:image

 ホテル最上階(24階)にあります「Peter バー」では、期間限定で午後5時から8時までカクテルアワーと称し、1杯1,500でアルコールがいただけます!今回は通常2,600円のホテルイチオシのカクテルをいただきました。

kimamanisshi.hatenablog.com

大人気のマンゴープリンをいただきました!

f:id:Hiromi2020:20220530194353j:image

 ホテル地下1階の「ブティック&カフェ」では、午前で売り切れてしまう大人気フレッシュマンゴープリン」を販売しています!

 売り切れてしまうということですが、ご安心ください。なんと取り置き予約が可能です!宿泊に合わせてお部屋にテイクアウトしました。予約方法なども含めてお伝えします。

kimamanisshi.hatenablog.com

 いつもkimama日誌をご覧いただき、ありがとうございます!